読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

佐田清澄のすべて

I'm your bad dream

黒髪、眼鏡、高学歴、既婚

 

最近また恋をした。

 

不毛な恋だ。

 

報われない恋だ。

 

 

いつも報われない。報われたことなどない。むくむことは多いが報われることの少ない人生だ。

 

そして、好きになった男はまたいつものパターンだ。

 

 

  • 黒髪
  • 眼鏡
  • 30代
  • 高学歴
  • 既婚
  • サディスティックな気配

 

これだ。またこのパターン。いつもこのパターン。

 

なぜいつもこのパターンに陥ってしまうのかよく考えてみる。

 

これは完全に私の父親だ。

父親に上の全てが当てはまる。

 

女児は父親のような人間を好きになるとよく噂に聞くが完全に一致すぎて笑う。

 

もう60代ってこと以外全部一致

 

 

私が好きになる人は大抵結婚してる。もう諦めてるから別にいいんだけど辛い。なんか辛い。

「なんで結婚してんだよ」といつも思う。

 

でももしその人が結婚していなかったらそこまで好きになっていないんじゃないかと思う。「結婚していない=価値がない」と自分の中で刷り込まれる気がする。そして「好きになるボックス」には入れないような気がする。

 

結婚してたらしてたで「何で結婚してるのおおおお」と苦悩に陥るし、結婚してなかったときは「ちぇっ未婚かよつまんねえ」と冷める。

 

報われない。