読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

佐田清澄のすべて

I'm your bad dream

今日のヨネスケ

 

昨日でやっと溜まっていた記事の仕事などが一旦片付いたので今日はゆっくり寝ようと思ったのだが、寝すぎた。起きたら15時だった。

 

すごく頭が痛い。

 

マエケンダンスをちゃんとやったのに全然頭痛が引かない。

 


マエケン(前田健太)ダンス! - YouTube

 

頭は痛いがお腹が空いたのでご飯(朝ごはん)を食べようと思った。最近色々頑張っていたので自分へのご褒美()ということで外食にしよう、寿司かピザかラーメンにしようと思った。

 

何を食べるべきか迷ったので、Twitterのフォロワーに決めてもらうことにした。「寿司とピザとラーメンどれにしようか迷っている」と呟いた。いくら待っても誰も返事をしてくれない。「お気に入り」も4くらいしかつかなかった。すごく孤独を感じた。かろうじて1人だけが「ぼくはラーメンを食べたい」とリプライを送ってくれたのでラーメンにしようと思った。

 

ラーメン女子大生こと本谷亜紀さんにおススメのラーメン屋を聞いた。最近ずっと運動不足だったのでその店まで歩いて行くことにした。

 

外はもう寒いので今年度初めてコートを出して着る。

 

店まで自転車だと20分程度だが、歩くと40~50分かかる。お腹がどんどん空いてイライラし始めた。途中で黄色い看板が目に入った。「COCO’S」だった。

 

すぐに店のドアを開ける。ラーメン評論家おすすめの旨いラーメンも目の前のCOCO’Sには勝てない。

 

まだ17時前だったので店は空いていた。不機嫌そうなメガネ男子が1人で接客している。パソコンを広げて仕事をするサラリーマン2人をチラ見しながらメニューを開く。実はCOCO’Sに入るのは初めてだ。記念すべき第一回目COCO’Sはやはりハンバーグを頼むべきだろう。

 

不機嫌なメガネ男子は私がコールボタンを押してから少し間を置いてやってきた。私はハンバーグ+カキフライのセットとお味噌汁を頼んだ。パンやライスは、つけない。

 

このところ毎日カキフライを食べている。少し前までカキなんか食べたことなかったし嫌いだった。でも思い出横丁の居酒屋で美味しいカキフライをご馳走になってからは大好きになった。いつもカキフライのことばかり考えている。


暇だから新宿「思い出横丁」で見知らぬ男女と酒を酌み交わす - 暇な女子大生が馬鹿なことをやってみるブログ

 

 

COCO'S初のハンバーグとカキフライは普通だった。「普通に美味しい」という感想以外何も浮かばない。それでもいくらかは満足できた。お味噌汁が具だくさんなところは良かった。

 

家に戻る途中、女子高生の2人組が歩きながらこちらにやって来るのが見えたので身構えた。

 

女子高生たちは「『どこ住み?』って聞いてくる男が最高にウザい」という話をしていて、『わかるわかる』と心の中で呟いた。

 

家に戻ったら知らない電話番号から「佐田さん宛てにお荷物が届いていて、住所の確認をしたいので住所を教えてください」というショートメールが入っていたのでこれは絶対に詐欺だと思った。「なんの荷物ですか」と一応聞いたら「ダスキンのサンプル」という回答が来たので住所を教えた。

 

1~2日前にダスキンの営業の男2人が家にやってきて、モップと、ゴミを吸い取る塵取り的な家電のサンプルを貸してもらうことになっていた。↓

 

f:id:aku_soshiki:20120216111002j:plain

 

塵取り的な家電は重いので後から佐川急便で配達するから、と言われていたのだった。

 

佐川急便の男はヨネスケのような顔をしていた。

 

「佐川男子」のイメージを根底から覆すようなヨネスケだ。

 

ヨネスケは随分と機嫌よさそうに「ありがとうございました」と言って去って行った。

 

重い家電の入った段ボールを家の中に入れる。部屋を見渡せばモップをかける隙も無いほど物で埋まっていた。

 

 

COCO’Sにはまた行こうと思う。