読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

佐田清澄のすべて

I'm your bad dream

ネバーエンディングストーリー

 

 

最近、記事の字数がどんどん増えてしまっている

 

 

「ちっとも書けない」というのよりもマシかもしれないが、読む側の立場を考えたら

 

5,000字や6,000字はキツイだろうなと思う

 

 

最初の頃は3,000文字書いたら「えらい長くなってしまったな」と思ってたけど、最近は

 

「あのエピソードも捨てがたい」「あのセリフも盛り込んどこう」「こう付け加えたらもっと面白くなるかもしれない」という感じで、

 

もう、一つのストーリーがスーパーメガウェンディーズ並みに膨れ上がるという事態が頻発している

 

ブログを書き始めてまだ間もない頃の記事を読むと、推敲が不十分で何を言っているのかよく分からなかったり、説明をすっとばしていて前後関係がよく見えなかったりはするのだが、

 

そこには最近感じていなかった「文章のリズムや勢い」があった。

 

本当に気持ちの赴くまま自由に書きなぐっていたんだなあと思う

 

今は「あの人も見てるだろうしちゃんと書かなきゃ」とか「もしがっかりされたら私は終わりだ・・・」など

 

謎のプレッシャーを抱えている

 

ブログくらいは、自分の好きなように書きたい。

 

大学のサークルのブログを書いていたときは、「面白いものを書いて部員を喜ばせる」が一番の目標で

 

他のことは考えてなかった

 

だから自由に書けていた(自由すぎて時々怒られた)

 

もう一度あの時のように危険な橋を渡ってみたいなあ

 

Bダッシュ